自動車損害賠償責任保険の対象

自賠責保険の対象は人間だけ

自動車交通事故による被害者救済を目的としている自動車損害賠償責任保険(以下:自賠責保険)ですが、補償の対象になるのは人間のみです。ですから、壊してしまった車や公共物などの物に対して保険金は1円も支払われないため、それらの物への賠償はすべて自己負担となってしまいます。また、人間への補償はそれぞれ傷害時で120万円、死亡時で3000万円、要介護等の重度の後遺症が残ってしまった場合で4000万円というのが最大額となっています。ただし、これはあくまで自賠責保険の保証金額であって、事故の損害金額がこの補償金額を超えるケースもあります。実際に自動車交通事故では、事故の内容によって損害金額が億単位になるケースも珍しくありません。人間への損害金額をすべて補償する保険ではないということを覚えておきましょう。

自分の怪我は補償されない

先ほど、自賠責保険の補償の対象は人間だけと書きましたが、事故に関係するすべての人間について補償するというわけではありません。自賠責保険は被害者救済を目的としているため、事故を起こしてしまった加害者である運転手については補償の対象外となります。自賠責保険の対象は被害者側の人間だけだということです。それに加えて、自賠責保険では運転手だけでなく車の持ち主も補償の対象外となります。つまり、例外もありますが、自分の車を友人が運転している状態で起こした事故で怪我をした場合、友人と自分の怪我は自賠責保険では補償されないことが一般的なのです。このように自賠責保険は、事故を起こしてしまった場合には自分(運転手・車の持ち主等)の怪我や財産は補償されないうえに、責任への補償もこころもとないものとなっています。「自賠責保険に入っているから、事故を起こしても大丈夫」と安心するのは危険かもしれません。

© Copyright Explain About Car Insurance All rights reserved