任意保険の種類

任意で入る事が出来る保険はどのような保険?

自動車やバイクを運転するには、必ず加入しなければならない保険と加入するかどうかは個人で任せられる保険があります。加入が強制されていない保険については、基本的な補償内容である、相手方を交通事故で負傷または死亡させた場合や相手方の車や物を破損させた場合の保険があります。この保険の補償の限度額は基本的に無制限である場合が多いです。搭乗者自身に対しては、乗車中の人が負傷または死亡した場合に補償される保険や自損事故に対する保険もあります。また、自分の車両に対する保険も用意されています。補償内容を大きく分けると相手方に対する補償と、搭乗者自身に対する補償、車の補償と3つに分ける事が出来ます。保険会社によって補償範囲が異なる為、自分のライフスタイルにあった保険内容を組む事が大切です。

加入しないとどうなるか?

保険に入っていない状態で事故を起こした場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。加入が必須の保険については、補償内容が限られており、交通事故で相手を負傷及び死亡させた場合、補償限度額が無制限ではありません。例によっては数億円の損害賠償を支払う場合があり、自己負担でどうにかなるような金額ではありません。また、補償内容は対人賠償のみに限られるので、物に対しては補償されません。その為、事故内容によっては高額な賠償金の請求が発生する場合があります。法律で定められる加入必須の保険だけでは限界があるのです。加入するかどうかは個人の自由ですが、より安全を求めるのであれば、入った方が安心して運転をする事が出来ます。

© Copyright Explain About Car Insurance All rights reserved